着物 クリーニング・染み抜き・仕立て・仕立て直し・リメイク・リフォーム・収納・洗い張り・虫干し

浅井染色整理工場 福岡市(全国対応)

アサちゃん

着物のクリーニングのお問い合わせ・お申込みは0120-392-749まで。

お問い合わせフォーム
メニューバー 全国対応 集荷無料 送料無料 見積無料
全国対応 集荷無料 送料無料 見積無料

着物の汗取りについて

   

地球温暖化の影響もあって、着物をお召しになる方は特に夏場は、汗をかきやすくなってきています。長襦袢(場合によっては肌襦袢も)に着物を重ね、帯で締め付けられると、エアコンの効いた室内でも自然と汗が出やすくなってきますね。

汗の主成分は水分です。したがってドライクリーニングでは汗を除去することはできません。ドライ洗いで落ちるのは油成分のシミや汚れだけです。汗を除去するにはドライ洗いとは別に水洗いをする必要があります。水洗いと言っても水が入った洗濯槽につけて、ジャブジャブ洗うわけではありません。着物の型がくずれますので。

弊店では専用の汗取りマシーンとその水分を瞬時に吸い取るバキュームによって汗をとります。家庭用の噴霧器やタオル等で汗取りをすると、確実に際が残るのでお勧めできません。

汗をかいたかどうかの判断は、下の写真のように汗をかいた部分にしわが残ります。

正絹の着物ならば、通常のしわはであれば、一晩ハンガーにかけておくことでしわが伸びますが、汗によるしわは取れません。それが、汗をかいた部分の証拠になります。一般的には腰(帯を締めたあと)胸、脇、あたりに汗の跡が多く見受けられます。

仮にそのまま放置するか、ドライ洗いのみでお手入れされた場合は、早い場合には数か月後、遅くとも2~3年後には汗しみが浮き上がってきます。その段階になると黄変シミになります。その場合、地色を抜いて色カケする必要がありますので、染み抜きの費用が高額になる恐れがあります。さらにそれを放置すると最悪カビによる虫食い状態が発生して、生地に穴があくこともあります。従いまして、汗取り対策は、早め早めの処置が必要かと思われます。

 - 着物のお手入れ

一覧へ戻る

  関連記事

太宰師の朝服(復元)のクリーニング

朝服とは飛鳥時代から平安時代にかけて、官人が出仕するときに着用した着物です。復元 …

留袖の黒色が茶褐色に変色してお困りの方へ

色(黒色)を上からかけることで、新品同様によみがえらせることができます。 留袖は …

年に3回は着物の虫干しを!

でも、結構手間がかかりますよね。 現代は、虫干しのかわりにお手軽な「脱酸素パック …

つい見過ごせなくって、振袖姿のお嬢さんに・・・

振袖シミ抜き編  10月31日~11月4日まで、佐賀市で毎年恒例のバルーンフェス …

着物の虫干し

着物を虫干しと一緒に夏物を整理する季節が来ました。着物の虫干しはタンスにしまって …

  最近の記事

袋帯をタペストリーなどへリメイクしたい方へ。

使用しなくなった袋帯や名古屋帯、丸帯などがタンスの中で眠ったままになっていません …

大島紬からワンピースにリメイク

着物は3代にわたり活用できるので、私共は基本、洗い張り仕立て替えをお勧めしていま …

既製服にお気に入りの小紋をカットしてパッチワーク風に仕上げました。

既製服に着物の一部分をカットしてパッチワークにする方法もあります。 Before …

大島紬からツーピースにリメイク

リメイク元の素材で多いのが、なぜか大島紬 Before(大島) After(ツー …

太宰師の朝服(復元)のクリーニング

朝服とは飛鳥時代から平安時代にかけて、官人が出仕するときに着用した着物です。復元 …

仕立て・仕立直し クリーニング・しみ抜き 染め替え 着物のリメイク 着物の生前整理・遺品整理 その他